溶融亜鉛めっきなら茨城亜鉛工業株式会社にお任せください。

ホーム事業紹介

事業紹介

お電話でのお問い合わせ 0297-87-2555 メールフォームはこちら メールフォームはこちら

鋼鉄の構造物を錆から守る耐食処理の、優れた方法として古くから世界中で使われてきたのが、溶融亜鉛めっき(ドブ浸)工法です。
高熱で溶かした亜鉛素材の中に、鋼の表面を活性化させるフラックス処理を施した鋼を浸すと、鉄と亜鉛との接点に合金層が形成され、その上を純亜鉛の層が覆います。
純亜鉛が大気に融れると、その表面に緻密な保護皮膜が形成されます。これを犠牲防食作用といいます。

・特徴

鉄と亜鉛の接点は合金ですから、決して剥がれることはありません。

亜鉛の皮膜は鉄の地金を腐食から厳重に守ります。

亜鉛の表面にできた保護皮膜は、周囲のさまざまな化学変化と亜鉛の接触を防ぎます。

そればかりでなく、パイプやタンクなど中空の複雑な構造物の、手の届かないすみずみまで均質な皮膜が出来上がります。
みたところ、単純に見える工程ですが、素材となる鉄構造物の大きさや厚みによって、溶融した亜鉛の温度を変化させたり、浸す時間を変えたりといった、 高度な経験と技術が必要とされています。
完全な技術管理のもとに、ゆとりをもって仕上げられてこそ溶融亜鉛めっきは、長期にわたって、限りある大切な資源"鉄"を錆から守り抜くことができるのです。

ポイント1強固な密着性

鉄鋼素地と亜鉛の反応によって密着していますので、衝撃・摩擦により剥離することはありません。

図01

最上部のη(イーター)層は軟らかく、強靭で延展性に富み、変形加工を受けても破れないのが特徴です。
ζ(ツェーター)層は皮膜層中もっとも顕著な結晶をもつ柱状組織であります。
δ (デルターワン)層は緻密な組織を示し、複雑な構造をもち、靭性・延性に富んでいるのが特徴です。

TOPへ戻る

ポイント2優れた防食性

溶融亜鉛めっきは、防食性・耐食性が非常に優れています。

皮膜表面に生じる緻密な保護皮膜と電気化学的犠牲防食作用によって、大気中、淡水中、海水中、土壌中の鉄鋼製品を錆から守る働きをします。
表の如く、各環境のもとで充分に防錆効果を発揮しております。用途も土木建築、電力通信関係、鉄道、船舶、冷暖房関係、農業、畜産関係と広範囲に利用されています。

溶融亜鉛めっきの耐久年数表

ポイント3経済的に有利

溶融亜鉛めっきは最も経済的な防錆法です。

溶融亜鉛めっきは、耐用年数が格段に優れているので、定期的に塗装を重ねる必要がありません。一般に溶融亜鉛めっきの寿命は、大気中では20年以上とされています。 塗装の場合、その間に3回程度の塗り替えが必要だとされています。
メンテナンスフリーが最大の特徴の溶融亜鉛めっきと比べるとコストの差は歴然です。

溶融亜鉛めっきと塗装とのコスト比較表

品質管理重点のレイアウトで…

素材の搬入から前処理を経て、めっき工程、そして仕上げ、検品…と、溶融亜鉛めっきは、 重量のある鉄鋼製品をひとつの流れにのせ、効率よく移動させていくことで、より完璧な品質管理が可能になります。
河崎工業グループのすべての工場設備は、その"流れ"に重点をおいた、ゆとりのあるレイアウトから出発しています。
また、最新の設備と、検査機器を用意するとともに、長年の経験を持つ人的資源の豊富さについても、自信があります。

入荷から出荷までの流れ 設備

・工場敷地:23100㎡

TOPへ戻る

大釜めっき工場

前処理

・ 脱脂槽:W1500 × H1800 × L7500 容量20.25㎥× 2槽
・ 水洗槽:W1500 × H1500 × L7500 容量16.88㎥× 3槽
・ 塩酸槽:W1500 × H1500 × L7500 容量16.88㎥× 3槽
・ フラックス槽:W1300 × H1500 × L7000 容量13.65㎥× 1槽
・ ホイストクレーン:2t× 1基
・ ホイストクレーン:1t × 1t× 2基
・ ホイストクレーン:1t × 2t× 2基

めっき

・ めっき釜:W1200 × H1800 × L7000 容量15.12㎥× 1槽
・ 冷却槽:W1500 × H1500 × L7500 容量16.88㎥× 1槽
・ クレーン:2t (インバーター)× 6基

表面処理

・ 表面処理槽:W1500 × H1500 × L7500 容量16.88㎥× 1槽

仕上げ

・ ホイストクレーン:1t × 2t× 2基
・ ホイストクレーン:2t× 1基
・ ホイストクレーン:1t× 2基

資材置場

・ 電動チェーンブロック:1t× 1台

TOPへ戻る

小釜めっき工場(ショットブラスト工場)

前処理

・ 脱脂槽:W1200 × H1500 × L3000 容量5.4㎥× 1槽
・ 貯蔵槽:W1200 × H1500 × L2500 容量4.5㎥× 1槽
・ 水洗槽:W1200 × H1200 × L3500 容量5.04㎥× 1槽
・ 水洗槽:W1800 × H1200 × L3500 容量7.56㎥× 1槽
・ 水洗槽:W1800 × H1200 × L2800 容量6.05㎥× 1槽
・ 塩酸槽:W1800 × H1200 × L3500 容量7.56㎥× 2槽
・ 塩酸槽:W1800 × H1200 × L2800 容量6.05㎥× 1槽
・ フラックス槽:W1200 × H1200 × L3000 容量4.32㎥× 1基
・ ホイストクレーン:2t× 2基

めっき

・ めっき釜:W800 × H900 × L3000 容量2.16㎥× 1槽
・ 冷却槽:W1200 × H1200 × L3500 容量5.04㎥× 1槽
・ ホイストクレーン:1t×1t× 2基

表面処理

・ 表面処理槽:W1200 × H1200 × L3500 容量5.04㎥× 1槽
・ ホイストクレーン:1t× 1基

ショットブラスト

・ ショットブラストマシン:総駆動力 18.65kw× 1台
・ ホイストクレーン:2t× 1基
・ ホイストクレーン:1t× 1基
陽光を反射した金属の輝き。メカニカルな鉄構築物の落ち着きと重量感。 どれもが実用の極から生み出された美学の産物です。

世界最高の鉄道技術、新幹線を… 支える …

現代の新技術を結集して走る、新幹線の軌道上では、超高速に、重量に、そして過酷な気象条件に耐えて、さまざまな溶融亜鉛めっき製品が活躍しています。 いわば新幹線のスピードと安全性を支える縁の下の力持ちです。

鉄橋、架線支柱、架線金物、鉄柱、道床金物、ビーム、防音壁、検査路、安全柵、階段、スノーシェルター、スプリンクラー支柱、新幹線駅建家。

鉄道画像

ハイウェイ網の安全を… 保つ …

細長い列島の中央を、高い山脈がはしる複雑な地形のうえに張り巡らされたハイウェイは、過酷な気象条件に耐えるための、さまざまな設備が必要です。 ここでも、溶融亜鉛めっきは重要な役割を果たして、交通網の安全を保持しています。どこまでも、伸びていくハイウェイですが、車の吐き出す排気ガスは、鉄構造物の大敵です。

橋梁、高速道路用ガードレール、防音壁、落下防止柵、道路標識、標識塔、照明灯、フェンス、ハンドレール、シグナル、 シグナルケース、港湾、船舶関係、その他。

交通画像

電力を、電波を、あらゆる場所に… 伝える …

巨大な発電所から張り巡らされた高圧電線は、空をそびえる鉄塔をたどって変電所へ、そして家庭へと、全国くまなく届いています。 世界の経済の要として、電波を通じて瞬時にあらゆる情報をキャッチし、送り出す通信網は、日本の高い技術をも、地球上の隅々まで伝達しています。

送電線鉄塔、発電所変電所諸設備、配電線腕金、ケーブル管、鋼管柱、架台、トランス用ラジエター、 コンジット、エアタンク、地中埋設用ケーブル管、無線鉄塔、パラボラアンテナ。

TOPへ戻る

通信画像

力強く、近代都市の生活を… 創る …

林立する高層ビル、海をまたいで遥か彼方までのびた大橋梁、直線と幾何学的なカーブによって構成された近代的な都市空間の陰の力として、溶融亜鉛めっきは、大きな役割を果たしています。 大気中の排気ガスに耐え、潮風に耐える力強さを、改めて認識してください。

鉄骨構造物、工場建家、屋外ヤード、架台、コンクリート補強材、デッキプレート、ガス水道用鋼管、継手、仮説足場、安全柵、 階段、サッシ、シャッター、フェンス、コルゲートパイプ、パイル、ボックスウォール、グレーチング、給排水管、冷暖房設備、陸橋、 ロッドマット、くず箱、ボイラー、温水器、その他。

建築画像 あなたの街の生活空間を見渡せば、そこそこに、溶融亜鉛めっき製品が かならず見付けられるはずです。

TOPへ戻る